電話番号:042-420-6607 住まい工房は手数料無料!
東久留米、清瀬の不動産なら住まいのコンサルタント住まい工房へ
MENU
TOPページ
  • ログイン
  • 新規登録
最近みた物件 0
お気入り物件 0
お気入り機能は、会員登録なしでご利用になれます。
Information

お客様の声を掲載いたしました

360°パノラマ画像の掲載が始まりました

賃貸管理ページが追加されました

close
メールアドレス
ログインする
新規登録する
※ブラウザのCookie機能がオフになっていると
ログインできないことがあります。
  • 様宛に
    メールを送信いたしました。

    メールのURLよりログインをお願いいたします。

close

O K

火災保険の取り扱いを始めました

登録日時:2020-10-15 23:31

この度、当社で火災保険の代理店の資格を得て、火災保険の取り扱いが始まりました。

もしものときための保険です。
心配し出すとキリがなく、あらゆる補償をカバーしようとすると保険金が高くなりがちですが、必要な補償内容、必要な保険金額をきちんと設定して、ちょうど良い保険に入ることが大切です。

その点当社では、不動産業者ならではの視点で、高くなりがちな火災保険も、建物の構造や立地、地域の特性などを考慮して、最適な火災保険のプランをご提示できると思います。

昨今、豪雨による浸水被害が全国各地で多く発生しています。東久留米市には黒目川や落合川、立野川、清瀬市には柳瀬川や空堀川があり、浸水被害の可能性を否定できません。
かといって、どの物件にも水害保証を付けたらよいかというとそんなことはないと思います。
今お住まいの場所が、ハザードアップに該当するのか。該当するのであればどのような水災が懸念されるのか、ちゃんとチェックしてから水災補償を付けるか付けないかを決めることをおすすめいたします。

また、地震保険の正しいご理解をいただいてご加入をおすすめいたします。
地震保険は、それ単体では加入できず、火災保険に付帯する形でしか加入することができません。
地震が原因で起こった火災は、火災保険では補償されません。原因があくまで地震保険なので、地震保険に加入していないと補償されないのです。
地震保険は地震が起きてしまうと、被害が広範囲に及びます。そのような特性から、地震保険は国がバックについていて、どの保険会社でも同じ条件で加入する保険になっています。

そのほか、様々か角度から比較検討して、保険プランを組み立てることが大事です。

下記のコラムを合わせてご覧いただけたらと思います。
火災保険には入らないといけないの?
火災保険の選びかた

火災保険、地震保険でお困りのことがありましたら、ぜひ住まい工房にお問い合わせください。

※上記住宅ローンは、戸建マンションに関しては物件価格100%の借入額で、売地の場合は土地価格100%の借入額で計算しています。借入条件は、期間35年、変動金利(優遇後)0.625%、ボーナス払いなしで計算しています。実際の借入は個々の条件や金融機関の審査により期間や金利、支払額は変わります。上記金額は目安としてご覧ください。