電話番号:042-420-6607 住まい工房は手数料無料!
東久留米、清瀬、東村山の住まいのコンサルタント住まい工房
MENU
TOPページ
  • ログイン
  • 新規登録
最近みた物件 0
お気入り物件 0
お気入り機能は、会員登録なしでご利用になれます。
Information

360°パノラマ画像の掲載が始まりました

賃貸管理ページが追加されました

東村山エリアの情報提供を開始しました

close
メールアドレス
ログインする
新規登録する
※ブラウザのCookie機能がオフになっていると
ログインできないことがあります。
  • 様宛に
    メールを送信いたしました。

    メールのURLよりログインをお願いいたします。

close

O K

住宅選びのチェックポイント

チェックポイント

住宅購入をはじめて検討されている方にとって、不動産をどのように選べばよいのかわからないという点も多いかと思います。
こちらでは、住宅や不動産選びにおける重要なポイントについてご紹介してまいります。
まず、不動産を購入する上でのチェックポイントは以下の3つです。

無理のない支払い計画をたてる
売ることも考えて購入する
テーマを決めてさがす

それでは1つ1つ詳しくご説明していきましょう。

無理のない支払い計画をたてる

不動産を購入するときに、きちんとした支払い計画をたてることがとても大事です。
住宅ローンの支払いは年収の3分の1がいいとか、何%以内に抑えましょうなど、いろいろな場面で目にしたり耳にしたりします。
確かに間違えてはいないですし、なるほどと思うのですが、それがすべての世帯に当てはまるかというとそうではありません。
これらの数字はあくまで世の中の全体的な数字の話です。

それぞれの世帯にはそれぞれのライフプランや生活スタイルがあり、お財布事情もそれぞれ全く違います。
自分たちの今後の人生設計を踏まえて、きちんと住宅ローンの支払い計画を建てましょう。

物件購入までの流れでもお話させていただきましたが、まずは予算を組み立ててから物件探しをしたほうが、その後の流れもとてもスムーズにいきます。
支払い計画よりも物件探しを先行させてしまうと、どうしても見つけた物件に合わせた支払い計画になり、場合によっては無理な住宅ローンを組んでしまうことにもなりかねません。
そういったリスクを回避するうえでも、予算をたてることから始めることが大事です。

また、金利プランは固定プランがいいとか変動金利がいいとか、こういった内容の情報もネット上などで多く目にしますが、あくまで参考として見たほうが良いと思います。
こういった数字を鵜呑みにして、自分たちの住宅ローンのことを安易に考えると、後から痛い目を見てしまいます。
また、世の中の不動産業者は物件を売ることで利益を得ています。
とても残念なことではありますが、中にはお客様の今後の人生設計など何も考えずに、無茶な住宅ローンも平気で勧めてくる担当者もいます。
そういういいかげんな担当者に限って「これなら大丈夫です」と、何の根拠もなく簡単に言ったりしますので、こういった安易な言葉には十分に気を付けてください。

住まい工房では、無理な住宅ローンをおすすめするようなことはいたしません。
無理な住宅ローンを組んでしまうと、将来つらい思いをするのはお客様ですし、当社の評判も悪くなり、お互いに良いことにはなりません。
当社では、きちんとお客様に合ったプランや支払い計画をご提案させていただき、しっかりとご検討いただき、次のステップへ進んでいただくようにしています。
安心して当社の住宅ローン相談をご利用いただけたらと思います。


売ることも考えて購入する

「一生住むつもりだから」「子供に資産を残してあげたい」などの理由から、購入する物件を将来売るなんてことは考えていない、というかたはたくさんいらっしゃると思います。
なので、売ることを考えて購入するなんてことはしない、というご意見をいただきそうですが、これは売ることを前提に購入するということではないのです。
売ることになってしまっても、ちゃんと売れる物件を購入しましょうということです。

住宅ローンをしっかりと検討して購入しても、長い将来のことは誰も分かりません。
・新しい家族が増える
・転勤(単身赴任)になる
・親の介護が必要になる
・自分が今までのように働けなくなる
など、あげたらキリがありませんが、想定外のことが起こり、どうしてもお金が必要になったり、引っ越さなくてはいけなくなったりすることもあるかもしれません。
そんなときに自宅を売却してどうにかなるならそれでよいですが、売却が難しいとなるととても大変なことになります。

では、売却が難しいとはどういうことでしょうか。
それは、住宅ローンの残債よりも高く売れないということです。

具体的にいうと、例えば、住宅購入から何年か経って家を売却しなくてはいけなくなったとき、住宅ローンの残債が2500万円残っているとします。
売却にかかる諸経費が100万円ほどかかったとして、その場合2600万円以上で売れれば問題はありませんが、2300万円にしかならなかった場合、足りない300万円を手持ち資金から捻出しないといけなくなります。
300万円の余裕があればよいですが、家を売らなくてはいけないような場面ですから、余裕がないケースが多いと思います。
そうなると、売ることが難しい状況に陥ってしまいます。

こうならないためにも、ちゃんと売れる物件と支払い計画をたてることが大事なのです。
では、どういった対策が必要なのか考えてみましょう。

妥当な価格の物件を検討する

ただ単に、損をしないという言う意味でも、きちんと周辺相場と比較して、妥当な価格であるかしっかりと確認しましょう。
例えば、外観が気に入ったからとか、高台の眺望が気に入ったなどで、妥当な価格であることを確認しないで勢いで購入してしまうと、後からよく考えたら高かったかも、ということが起こり得ます。

なるべく条件の良い物件を検討する

例えば、陽当たりが悪いよりは良いほうを、駐車場は狭いよりも広いほうを検討しましょう。
一般的に、より多くの人が良いと感じる条件を多く備えている物件のほうが、将来的な需要が見込めます。
もちろん良い条件が揃っている物件のほうが価格が高いことが多いのですが、無理のない範囲でなるべく良い条件の物件を検討したほうが良いと思います。
例えば、同じ分譲地内で、検討している区画が旗竿地なのだけれども、あと100万円出せば整形地が購入できるという状況であるなら、100万円が無理のない範囲であれば整形地のほうを選んだほうが、将来売りに出したときに売りやすいということにつながります。

需要が見込める物件を検討する

前述のなるべく良い物件を検討すると共通しますが、ただ単に良い条件というだけでなく、クセの少ない物件を検討するのも大きなポイントのひとつです。
物件探しで、自分が気に入るということが当然大切なことではあるのですが、世の中の多くの人が気に入るような物件を選択したほうが、将来の売却を考慮した場合、売りやすい物件ということになります。
例えば、外壁が全部赤色の物件をとても気に入ったとしても、売りに出すことを考えると外壁が全部赤色はマイナス要素になる可能性が高いです。
間取りに関しても、キッチンや洗面室、浴室の水回りは近くにあることが好まれるケースが多いので、なるべく水回りが近くにある物件を検討するとか、同じ広さでも4.5帖の洋室が4つあるよりは、6帖が3つのほうを検討するとかです。
ただ、これは余り気にしすぎると、自分たちの希望条件とは違う物件を検討することになってしまいますので、選択肢が複数あって迷ってしまったときなどに、こういった側面で検討されてみてはいかがでしょうか。


テーマを決めてさがす

物件購入の本来の目的や比較する項目の優先順序をはっきりしておきましょう。
やみくもに気になる物件を次から次へと見ていくと、そもそもどういった物件を求めていたのか分からなくなってしまいます。
また、条件が良い物件のほうへ目移りしていくと、価格が高いほうへ高いほうへ寄って行きがちです。
この場合、前述させていただいたような無理な住宅ローンになってしまうかもしれません。
何を重視するのか、それは広さなのか利便性なのか、陽当たりなのか。
「絶対に譲れない条件」「できればあったらよい条件」をしっかりと分けて検討しましょう。

また、ご家族の中でも割と意見が違うことが多いです。
探し始めの段階で、何を重視するのかご家族で話し合っておくと、物件探しはスムーズにいきます。

ここまで、不動産選びのチェックポイントを3つご紹介してきました。
不動産選びを始めてから、まだ住宅ローンの資金計画などを組んでいないかたは、ぜひこの機会に住まい工房の住宅ローン相談をご利用になってみてください。
無料でご利用いただけますし、物件購入をやたら勧めるようなこともありませんので、どうぞお気軽にご相談いただけたらと思います。

また、自分の中である程度希望条件が固まっている方は、住まい工房の物件検索機能をぜひご利用ください。
東久留米、清瀬、東村山エリアの物件情報が豊富で、検索条件を細かく指定できるので、ご希望の物件を見つけやすいです。
また、入力した希望条件で新着が出たときにメールでお知らせする機能もありますので、ぜひご活用ください。


住宅選びに関するトピックス

得するのはどっち?新築戸建てと分譲マンション
駅近?駐車場2台?郊外と駅近のメリットデメリット
中古住宅の落とし穴